2011年05月24日

子供と大人の吃音症の違いとは?

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

心の悩みに関することを、お伝えしています。

吃音症について、お伝えしていますが、
子供と大人では、吃音の違いがあるのでしょうか?

今回は、そういったことについて、
お伝えしていきましょう。


子供とか大人に限らず、
どもっている人に、会ったことはあるでしょうね。

どちらも同じどもりだ、と思ってしまいますが、
実際は、子供の吃音と大人の吃音には違いがあるものなのです。


厳密にいうなら、吃音症と言うのは年齢に関係なく、
それぞれでまったく違うものだといえるのです。


まず、吃音症の原因が、
子供と大人の場合、異なってきます。


子供の場合を考えて見ましょう。

周りに吃音症の人がいたり、
聴覚に問題があり、そのために吃音症を起こしていることが多いのです。


その一方で、大人の場合は、
ストレスや過度の緊張状態から吃音症が発祥して、
人前でどもってしまうことで、不安や恥ずかしいという感情が出て、
さらに悪化してしまう、ということがほとんどだといわれます。



吃音症の原因がこれらだ、と限定してしまうことはできませんが、
一般的に、そうした傾向にあることは言えるでしょう。


子供の場合、特に幼児期には、
自分がどもっていることを自覚していないこともあり、
このケースでは、治すことは比較的容易だといわれています。


ただし、脳や聴覚などの肉体的に問題がある場合は、
容易には、矯正できないでしょうね。


それさえなければ、自覚していませんから、
心因的な要因が入っていませんから、矯正することは比較的楽ではあります。


ということは、自覚してしまえば、
心因的要因が増えてしまいますので、
そのままにしておくと、悪化する一方になります。


子供の吃音症の場合は、
周囲であまり騒がないように、してあげましょう。


大人の場合は、自覚していなことはまずありえないことですよね。


自分がどもっている、と自覚しているからこそ、
どもらないように、気をつけることになってしまいます。

それが逆に、どもりを悪化させることにもつながりかねないのですが。


最後まで、ありがとうございました。
posted by サスケ at 09:21 | Comment(7) | 吃音症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。