2011年06月03日

吃音症を薬で改善する?

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

心と体の悩みについて、お伝えしています。

吃音症に関して、お伝えしますね。


吃音症という病気がありますが、
吃音症の特効薬といえる薬は、現状ではないといっていいです。


しかし、その吃音症の原因が、
何らかの心理的な要因でなっていつ場合には、
薬を投与することで、不安を和らげ、
症状を緩和させることは、できます。



吃音症で病院で処方される薬は、
吃音に直接繋がるものではなくて、
対処療法のための薬に過ぎません。


うつ病と同じように、
吃音症の薬は、精神を安定させるためと、
リラックスさせる、抗不安薬などが処方されるのです。


具体的な薬としては、
ルボックスやレキソタン、アモキサン、セパゾンなどになります。


こうした薬は、不安定気持ちを取り除いて、
精神を安定させる効果が、あります。


最近は、新しい薬としてSSRIがありますが、
このSSRIは、価格的に高い薬で、
人によっては、合う、合わないがあるようですね。


そして、このような薬による療法は、
吃音の原因によりますが、
効果が出る人もいれば、まったく改善されない人もでてくるでしょう。



また、薬による治療でには、
症状緩和の効果もあるのですが、
反対に、副作用が起こる可能性もあります。


副作用にもいろいろあるのですが、
眠気、吐き気、のどの渇き、血圧の上昇などの症状です。


こうした副作用が出る可能性もありますので、
自分で判断することなく、
医師としっかり相談することが、必要になります。



最後まで、ありがとうございます。

タグ:吃音症 薬
posted by サスケ at 14:20 | Comment(0) | 吃音症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。