2011年05月15日

吃音症の検査について

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

心の病気には、いろいろなものがありますね。

その多くは、原因も解明されていませんし、
当然、その治療法も確立されていませんね。

吃音症について、お伝えしてきていますが、
今回は、吃音症の検査方法についてお伝えしましょう。


吃音症の原因についても、
いまだに完全に解明されていません。

吃音症の人のそれぞれの環境によっても、違いがあります。

原因が特定できれば、検査とか治療の見通しがたてやすくなるのですが、
そうではありません。

環境的、肉体的、心因的な要因と、
様々な要因が、それぞれ複雑に関与し合って、
発症することが、多いのです。


その発症の仕方、時期などから、
ある程度の判断をしなければいけません。


それにより、心因的な要因を探り、
ホルモンバランス、聴覚、発音力、言語力などを検査します。

また、ケースによりますが、
MRIなどを使い、脳の検査も行います。


吃音症は初期の間は、比較的治療が簡単だと言われています。

しかし、心因的な要因で再発したり、
あるいは、症状が悪化することも多いのです。


こういうことのために、
呼吸法のトレーニングや、心理療法なども取り入れて、
原因を追究するための、検査を進めることのあるのです。



吃音症の検査が難しいといわれるのは、
その原因によって、検査する科に違いがある、ということにあります。

脳に問題がある場合は脳神経科、
聴覚に問題がある場合は耳鼻科、
心因的要因が大きい場合は精神科あるいは心療内科、

という具合に、その原因により受診する科が違うため、
全体的な原因を、なかなか突き止められないことが多いのです。


子供の場合でしたら、家庭、家族など環境要因や、
聴覚障害が原因になる場合も多いですから、
まずは、耳鼻咽喉科で検査してもらうことをおすすめします。


大人になってから吃音症を突然発症した、という場合は、
心因的な要因が原因であることが多いですから、
心療内科や精神科を受診してみることを、おすすめします。


最後まで、ありがとうございました。

posted by サスケ at 09:00 | Comment(0) | 吃音症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

吃音症になる原因とは?

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

何かしら心に障害がある方もいらっしゃいますね。

そうした障害の情報をお伝えして、
改善法や周りの健常者の方が、その障害を理解してあげて欲しい。

こうしたテーマでお送りしています。


吃音症について、吃音症になる原因は?

ということで、お伝えしていきましょう。


吃音症はむかし、「緊張やストレスなどの心因性のもの」である、
との認識が強かったために、
緊張をほぐしたり、ストレスをなくす努力をする、
などの、あいまいな治療法しかなかったのです。


それは、現代になっても変わらず、
いまだに、はっきりした吃音症の原因はわかっていません。

吃音症になる人、それぞれがさまざまな要因や環境にあって、
それらが複雑にかかわっているのだ、
といわれているのです。


そうしたことから、成人になってから突然発症することもあり、
また老人になってから、発症するということもあります。


かつては、遺伝からくるのだ、
とまことしやかにささやかれていたこともありました。

しかし、遺伝というよりは、
親がどもっているケースでは、幼児期からそうした親の発音を聞き続けることで、
うつってしまうのだ、と考えられるようになってきています。



精神面とか、緊張、ストレスといった要因が、
吃音症を悪化させているのも事実ではあります。

しかし、決してそれだけではありません。

左脳に障害があったり、聴覚に障害がある、
といったことも、原因にひとつであると考えられてきています。


吃音症はこのような分類をされています。

〇神経性吃音
これは、呼吸法や舌の動きなどに問題があったり、
言語器官に問題があるために起こります。


○感覚性吃音
聴覚に問題があったり、
環境によって発症します。


○心因性吃音
ストレスや極度の緊張状態が原因となる。


○脳内調節系吃音
脳機能不全、ホルモン調節機能が正常に働かないのが要因。


こうした分類がされていますが、
ひとつの要因だけではなく、二つ以上の要因が絡まっていることもあります。



最後まで、ありがとうございました。
posted by サスケ at 12:34 | Comment(0) | 吃音症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

吃音症だと就職に不利なの?

スポンサードリンク
いつもありがとうございます。

心と体の健康というテーマでお伝えしています。

今回からしばらくは、吃音ということについて、
お伝えしていきましょう。

吃音ということになると、
ある種、職業選択や就職時に困難をきたすことがありますね。

では、どんな職種にデメリットがあるのでしょうか。


やはり、接客を主とした職種では敬遠されることが多いでしょうね。

たとえば、電話での応対の場合を考えてみましょう。
相手の顔が見えないケースでは、
電話応対した相手の、声とイントネーションや音質だけで、
相手に対するイメージが変わるものです。


まったく同じ言い回しであったとしても、
事務的で親身にならない、と感じる人と、
とても親切だと感じられる人がいると思います。


ですから、ちょっとした言葉のアヤとか間合いなどが、
重要になる職場では、就職することは不利になるでしょう。


しかし、中には吃音症を受け入れてくれる姿勢を持っている企業もあります。
仕事に就いたことをきっかけに吃音症を克服した、
という実例もあります。


吃音症の人でも、あえて人前で話す機会を持つということで、
苦手意識をなくし、吃音症を克服した人がいる、
というのは、吃音症の人には励みになりますね。


とはいえ、吃音症の人というのは、
話すことが苦手、という意識を持っているのは事実でしょうから、
無理をして、そういった職場を選ぶ必要はないでしょうね。


電話での応対をする必要がない職種とか、
必要最低限の会話でも問題がない職種や、技術系の職場を選んで、
自信をつけて、吃音症を克服するように、することです。


現実には、吃音とかに関係なく、
いじめなどが存在する職場もあります。

資格を取得して技術職や専門職を目指す人が多いようですね。




【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム


posted by サスケ at 17:54 | Comment(0) | 吃音症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。